ひとづくり|人財育成 | 日本振興株式会社

ひとづくり

ひとづくり

キャリアデザイン制度

日本振興では、立場や役職に求められる「人財の基準」を明確にする事により、 キャリアアップを求める社員に、より多くの機会を提供する環境があります。
社員は経験やスキル、なりたい将来像について考慮しながら、自らの持つ能力を活かす為の自己研鑽を継続的に行っています。
その過程において、職務の異動や職務内容の変更、高度化などを図りながら、会社の求める人財像と、社員のなりたい将来像への共有化を毎年行っています。

1)正社員登用制度

中途採用者は、嘱託社員からスタートし適性検査・面談実施後に試用期間を設け、試用期間中の勤務状況評価に基づき、正社員に登用されます。

2)公正な評価からのキャリアアップ実現へ向けて

日本振興は、社員が自ら立案した年度目標に対し、マネジメント層による年2回の個別面談を実施しています。
面談時に社員へ行われる、キャリアプラン実現に向けての助言や指導等の環境整備とともに、人事考課のフィードバックによる、社員の現状の把握や課題の確認、上司との課題解決等、社員にとっても会社にとってもより良い結果を目指す、透明性の高い、公正な評価に向けて取り組んでいます。
階層別に求められる能力・必要要件を明示し、一定条件をクリアした社員には、毎年昇格試験(適正検査・小論文・面接)を行い、キャリアアップの機会を提供しています。


メンタルヘルスケア制度

日本振興では、社員が安心して働ける環境整備活動の一環として、メンタルヘルスケアに力を入れています。 毎年、外部専門機関の協力を得て「ストレスチェック」を実施し、その結果に基づき、「職場環境調査」を行い職場環境の改善活動に取り組んでいます。 また、専門医による個別メンタルカウンセリングの実施など、セルフケア支援等の機会も提供しています。

みんなのメンタルヘルス|厚生労働省  働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」