品質及び信用力の向上|サービス向上への取組み | 日本振興株式会社

サービス向上への取組み

品質及び信用力の向上


NS-QMSによる品質向上《ISO9001:2015》


当社は、顧客満足度向上を目指して2001年にISO9001を認証取得し、登録組織の拡大・統合を経てQMS対象支店(東北・東京・名古屋・大阪・中国四国)へ展開し、「品質マネジメントシステム」に則り、技術とサービスの向上に取り組んでいます。

中期経営方針

 会社経営ビジョンのもと、建設コンサルタントとしての使命を果たし、「社会から必要とされる企業」へと成長するため、企業生産活動の継続的な改善を行い、コア・コンピタンスの確立により、顧客の満足度向上を図ります。
 また、地域社会への貢献に努めると共に、社員の継続的な満足度向上を実現するため、物心充実を図り、魅力と活力に溢れる企業を目指します。

    1.「必要とされる企業」へ成長
        ・経営の健全化により社会への還元を図ります。
        ・危機管理の推進を実施します。
    2. コア・コンピタンスの確立
        ・人財を確保し、顧客の要求事項に応えます。
        ・教育、研修による技術力の確保・向上と技術継承を実施します。
        ・継続的な成長を実現するために、競争力強化への取り組みを実施します。
    3. 社会貢献と社会的責任
        ・地域社会への貢献と社会に対して責任ある行動を果します。
    4. 社員満足度向上
        ・社員が目指すライフプランへの取り組みを実施します。



安定した財務体質による経営


当社は、株式会社格付投資情報センターから「R&I中堅企業格付」において7段階で最も高い「aaa(トリプルa)」の評価を取得しました。

「aaa(トリプルa)」とは、中堅・中小企業のなかで、「信用力は相対的に最も高い」という評価です。
主力とする河川・道路関連の分野などで競争力を発揮し、前期に続き売上高を伸ばしていることや、財務面では実質無借金化を達成したことが高く評価されています。