災害復旧・復興に取り組む 日本振興|事業案内 | 日本振興株式会社

災害復旧・復興に取り組む日本振興

『 復興事業のお役に立ちたい!をかたちに 』

被災した道路や河川等の公共土木施設は一刻も早い復旧が必要であり、災害復旧・復興部門では、災害後の現地での災害調査や災害査定から復旧・復興工事の施工管理(工事監督支援)までを実施しています。
未曾有の被害をもたらした東日本大震災に際しては、郷土の再生・復興に燃える「災害対策部」が中心となり災害復旧・復興事業へ全力で取り組んでいます。


当社が携わった事例 ~阪神・淡路大震災~


阪神・淡路大震災について

平成7年1月17日、兵庫県淡路島北部を震源として発生したM7.3、震源の深さ16kmの「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」では、神戸市須磨区などで最大震度7を観測しました。この地震はわが国において、社会経済的な諸機能が高度に集積する都市を直撃した初めての直下型地震であり、地震発生直後から各地域において発生した火災により大きな被害をうけました。
当社は、公共土木施設の被災状況調査や、土木工事設計・積算を支援するとともに、工事発注後は工事監督の支援を行い、一早い復興に協力をいたしました。


阪神・淡路大震災の復旧事業の記憶  ~ A氏 談 ~

携わった期間平成8年4月~平成9年3月末
主な業務内容震災堤防復旧工事の監督支援業務
苦労したこと、または技術的問題点震災により淀川下流の堤防が、液状化により沈下・亀裂等の被害を受けました。
震災以前の堤防構造は特殊堤でしたが、堤防の耐震構造化に伴い緩傾斜堤へ構造変更した他、洪水にも強いスーパー堤防構造となりました。
盛土施工途上に堤防天端道路に亀裂が入り、設計を見直した結果、矢板長を5mから22mに変更することになりました。しかし、薄いⅡ型矢板を用いて施工したため矢板の打ち込みが難しく、途中で折れたり、入らないということが頻発し、継ぎ方や施工機械を工夫して施工した思い出があります。
一番印象に残っていること河川工事は、出水期に河川内で施工できないので、工事の最盛期が、11月から3月と真冬になる傾向があります。
災害復旧工事は、大手ゼネコンが受注していましたが、その協力会社や多くの災害復旧工事の従事者が寒さを厭わず、夜を徹して仕事していたことが印象に残っています。



当社が携わった事例 ~新潟県中越地震~


新潟県中越地震について

平成16年10月23日、新潟県中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震において、北魚沼郡川口町(現長岡市)で最大震度7を観測しました。
当社は、新潟県古志郡山古志村(現長岡市山古志地区)災害状況の調査を実施しました。


新潟県中越地震の復旧事業の記憶  ~ W氏 談 ~

携わった期間平成16年11月末~12月末
(現地調査は12/4~12/8の5日間でした(降雪前に終了のため))
主な業務内容阪災害調査帳票作成及び復旧資料作成(図面、数量)
①被害確認に伴う現地調査及び記録(ビデオ)を基に調査帳票作成
 調査対象延長:3.8km
②復旧資料作成(数量総括表・位置図・数量内訳・算出根拠等)
 設計延長:1.5km
苦労したこと、または技術的問題点地震による道路への地山滑落や道路埋没状況調査(災害調査)と対策案検討(復旧資料作成)を実施したが、宿泊施設が無いため、新潟市内より片道3時間(車2時間、徒歩1時間)をかけて現地まで移動し、かつ、現地入場規制があり、8時から16時までの限られた時間条件で行いました。
一番印象に残っていること調査範囲の道路のうち、尾根部分に自動車が放置してありました。
道路の前後が滑落しており、ちょうど上手く残った部分に自動車が残っていたことが印象に残っています。
運転されていた方は無事だったと思うが、少しずれていれば大変なことになっていたことと、地震の凄さを実感しました。



当社が携わった事例 ~東日本大震災~


東日本大震災について

平成23年3月11日、宮城県牡鹿半島の東南東約130kmの太平洋(三陸沖)の海底を震源とする「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」が発生しました。地震の規模はMw9.0(モーメントマグニチュード)、震源の深さ約24km、宮城県栗原市で最大深度7を観測しました。この地震により発生した津波の高さは10m以上、最大遡上高(海岸から内陸へ津波がかけ上がる高さ)は約43mに上り、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。
当社は、事業者の要請により復旧作業状況の工事監督等を実施しました。また、現在も復興事業の支援業務に取り組んでいます。


東日本大震災の復旧事業の記憶  ~ S氏 談 ~

携わった期間平成23年10月~平成25年10月(継続中)
主な業務内容海岸保全施設復旧工事(海岸堤防築造工事)の監督支援業務
苦労したこと、または技術的問題点私を含め事業者又は施工者や設計者において、海岸工事経験者が極めて少ない状況で、海岸堤防の構築に向け、大規模地震及び大津波を想定した設計思想と実験を繰返し、断面の決定に時間を要しました。
震災復興事業の増大により、資機材、労務確保が極めて困難な状況が未だ継続している状況です。
一番印象に残っていること震災当初は、余震に震え、この場所に何があったかさえ想像できない程の津波の爪跡の大きさに、人間の無力さを感じましたが、現在は短期間で復旧に至る人間の力強さを感じています。



近年の主な業務実績
発注者名業務名年度履行場所備考
国土交通省 東北地方整備局
仙台河川国道事務所
仙台河川国道事務所海岸北部地区工事監督支援業務H25宮城県
国土交通省 東北地方整備局
仙台河川国道事務所
仙台河川国道事務所海岸南部地区工事監督支援業務H25宮城県
防衛省
東北防衛局
仙台外(23震災関連)防衛施設整備監理業務H24~H25宮城県
独立行政法人 都市再生機構東松島市野蒜北部丘陵地区外技術支援(品質管理)業務H25~H27宮城県
農林水産省 東北農政局
仙台東土地改良建設事業所
仙台東特定災害復旧事業
高砂南部排水機場他現場調査推進技術業務
H25宮城県
農林水産省 東北農政局
仙台東土地改良建設事業所
亘理山元特定災害復旧事業
亘理山元農業施設災害復旧現場調査推進技術業務
H25宮城県
宮城県東部土木事務所管内工事監督支援(その1)業務委託H25宮城県
福島県発注者支援業務委託(河川・交付(再復))
13-41380-0103
H25福島県
福島県発注者支援業務委託(道維・災防)
13-41350-0127
H25福島県
山古志村山古志村村道災害現地調査業務H16新潟県
但東町災害査定測量設計業務H16兵庫県
長崎県長崎水害緊急ダム事業実施計画変更業務委託H8長崎県
建設省 近畿地方建設局
姫路工事事務所
姫路管内震災資料取りまとめ業務H8兵庫県
建設省 近畿地方建設局
姫路工事事務所
加古川B・P舗装修繕数量とりまとめ業務H8兵庫県
島原鉄道島原鉄道線高架化工事現場技術業務(水無川部)H7~H8長崎県
島原鉄道島原鉄道線高架化工事現場技術業務(導流堤部)H7~H8長崎県
建設省 九州地方建設局
雲仙復興工事事務所
雲仙復興工事事務所管内積算資料作成補助業務(雲仙復興)H6~H7長崎県
建設省 近畿地方建設局
兵庫国道工事事務所
兵庫国道災害復旧現場技術業務H6兵庫県
建設省 近畿地方建設局
兵庫国道工事事務所
西宮維持災害復旧現場技術業務H6兵庫県
長崎県中尾川災害復旧現場技術業務H6長崎県
このページのトップへ